jcssの制度は細かくチェックしておく

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事一覧

2017年09月26日
jcss校正者にスムーズな依頼をするためにを更新。
2017年09月26日
jcssを使用するシーンを更新。
2017年09月26日
日本の教育環境改善にも最適を更新。
2017年09月26日
jcssの特徴と需要性を更新。

イチオシ情報

jcss:計量法校正事業者登録制度とは?

計量法における校正とは、ものの長さ、重さなどを計るための機器(計量器)に対して誤差や精度の範囲を特定することによって性能を判定することをいい、通常この校正には、対象の計量器よりも精度の高い同種の計量器が使われます。上記の校正を事業として行っている者を校正事業者と呼びますが、この校正事業者の能力を一定の基準で審査し、認定するための制度が計量法校正事業者登録制度です。
この制度によって登録されるためには、独立行政法人NITE【製品評価技術基盤機構】による審査の下、施設や人員の技能が一定レベルに達しているかどうかに加え、計量法に基づくトレーサビリティが確認される必要があります。トレーサビリティとは、まず所有している計量器を校正した計量器を調べ、その計量器を校正した計量器をまた調べ…と順番に上にたどっていき、最終的に国家計量標準(特定標準器)にたどり着くことが確認されることをいいます。
登録が認められた校正事業者は、jcssの標章が入った校正証明書を発行することができ、さらに追加の手続きを行うことで、jcssが参加している国際的な相互承認制度【MRA】に基づく国際MRA対応認定事業者としても認められます。

サービス技術者へ向けたメッセージ

日本の技術を支えている計測機器は、jcssに沿った対応がなされます。そこで技術者全般が法的な知識をマスターしていくことにより、計測機器を賢く使っていくメリットが生まれます。最初は校正を中心とした測定がメインとなりますが、時が経てば光によるノイズレベルまでを点検することが重大になります。工業系のジャンルによって多少の違いがあるものの、計測機器は製造元であれば早期に導入しておきたい存在のひとつです。
点検した成果を書面に残すことが義務になっており、関係者一同が納得できる媒体にさせておくことが大切です。jcssの制度を細かくチェックしながら、実りあるシステム構築を目指すことが大事になってきます。実用的な内容を網羅するjcssを前もって見ておけば、安全性が高い企業として周囲から高く評価されます。
情報の信ぴょう性と製造された製品の適合性をはっきりさせることにより、一般ユーザー向けとしては合格となります。わかりやすい説明を心がけていくことによって、企業としての信頼を保持させることができる部分が大きな理由です。慎重に行動できるノウハウが身につけば、精密機器全般の管理体制をよくさせる効果が見えてきます。

当社の強みは、電気メーターや計測器の検査や検定を技能資格を持つ担当者が中立的な立場で公平に行っている事です。 こちらは、電気の取引に使用する電気計器の検定及び校正等を行っている公正中立な機関のホームページです。 ただいまお得なキャンペーンにより特別料金で提供していますのでお気軽に見積もりのご相談承っております。 jcss校正のことならJEMICにお任せ!

最新の記事

jcss校正者にスムーズな依頼をするために

jcssとは? みなさんjcssという言葉を聞いたことがあるでしょうか。多くの方は初めて聞いたとか…

くわしく見る

jcssを使用するシーン

jcssとは一体何か jcssとはJapan/Calibration/Service/System…

くわしく見る

日本の教育環境改善にも最適

教育現場の環境改善にも貢献するjcss 日本の学校における健康診断の項目の1つに聴力検査があります…

くわしく見る

jcssの特徴と需要性

jcssとは何なのか 皆さんは、jcssという言葉を聞いたことはありますか?業界の人でなければあま…

くわしく見る