jcssの特徴と需要性

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

記事一覧

2017年09月26日
jcss校正者にスムーズな依頼をするためにを更新。
2017年09月26日
jcssを使用するシーンを更新。
2017年09月26日
日本の教育環境改善にも最適を更新。
2017年09月26日
jcssの特徴と需要性を更新。

jcssとは何なのか

皆さんは、jcssという言葉を聞いたことはありますか?業界の人でなければあまり聞いたことがない言葉かもしれませんね。jcssというのは、japancalibrationservicesystemの頭文字を取った略語で、計量法トレーサビリティ制度というものを表す言葉です。ではこのjcssとは具体的にどういったものなのでしょうか?今回はjcssについて簡単に書いていきたいと思います。
jcssというのは先ほど書いたように計量法トレーサビリティ制度という制度の事で、計量法に関する制度の一つです。計量器を扱う事業者は全国にいくつも存在しますが、その技量がどの程度であるかは素人の目ではよく分からないと思います。そんなそんな時に判断する材料として使われるのがこのjcssなのです。
jcssでは、計量器を校正する事業者の技術や品質管理が国際規格の基準を満たしているのかを調査を依頼することが出来、その基準をクリアし認定を受けることで、jcssに認定された信頼性のある計量器校正事業者であるということを示すことが出来るのです。このjcss認定を受けた事業者は業界においてとても高い信頼性を獲得する事ができるので計量器の校正を依頼する場合はjcss認定を受けた事業者を選ぶと安心です。

測定器具の信頼性に確定に欠かせないjcss校正者

モノづくりをする上で最も重要と言っても過言ではないのが、測定です。例えば建築資材や工業製品など、少しでもズレていたら不良品の発生や事故を招きます。そのために事前の測定をするのですが、そもそもその測定する道具に不備があったとしたら、笑い話にもなりませんよね。こういった測定器を制作する際には、専門の校正者が不備の有無を確かめるのですが、その校正者を認定する制度にjcssというものがあります。
jcssは経済産業省が管轄していますが、任意制度であるため、これがなければ校正者として働けないというわけではありません。しかし、jcssを取得しているのと取得していないのでは、校正者としての信頼性が天と地ほどの開きがあります。ひと口に測定機器と言っても、その種類や目的、何を測るのか、によって項目は多岐にわたります。
わかりやすいところで言えば長さや重さ、温度などですが、経産省と同じくjcssを管轄している製品評価技術基盤機構のホームページを見てみると、合計24項目にものぼります。現場の工場等で日々使われている測定機器はどこまで信頼の置けるものなのか。それを確かめたければ、jcssの校正証明書の所在を確認してみましょう。もしあれば、その機器は一定の審査をクリアした測定機器ということになります。

最新の記事

jcss校正者にスムーズな依頼をするために

jcssとは? みなさんjcssという言葉を聞いたことがあるでしょうか。多くの方は初めて聞いたとか…

くわしく見る

jcssを使用するシーン

jcssとは一体何か jcssとはJapan/Calibration/Service/System…

くわしく見る

日本の教育環境改善にも最適

教育現場の環境改善にも貢献するjcss 日本の学校における健康診断の項目の1つに聴力検査があります…

くわしく見る

jcssの特徴と需要性

jcssとは何なのか 皆さんは、jcssという言葉を聞いたことはありますか?業界の人でなければあま…

くわしく見る